So-net無料ブログ作成
検索選択

川崎宗則 マリナーズ [スポーツ]

スポンサーリンク




川崎宗則選手
イチローに憧れてマリナーズを逆指名した選手です。


イチロー、ヤンキースへ電撃移籍


このニュースをきいて、一番ショックを受けているのは
おそらく、マリナーズの川崎宗則選手です。
そうに違いありません。


川崎選手は、中学時代からイチロー選手に憧れ続け
プロ入りしました。
大きく注目されることのなかった細身の川崎選手は
憧れのイチローに近づきたい一心で
ソフトバンクの主力の座をつかむまでに成長しました。


2006年からは、自主トレをイチローと行い
イチローを「兄貴」と慕っていました。

そして、昨年ようやく海外FA権を行使しました。

「イチローさんがいるマリナーズ以外にはいかない。」
「マリナーズならマイナーでもいい。」
前代未聞の“逆指名”。

結局、本当にマリナーズのマイナー契約を結んでしまった。
ソフトバンク時代の年俸からは、なんと
約2億円もの年俸ダウンになりました。

日本での12年間の実績。
2億円以上の年俸。

これらを捨ててでも、憧れのイチローとの
プレーを望んだ川崎選手でした。


ところが、

イチロー、ヤンキースへ電撃移籍

全てを投げ打って、得た
“イチローのチームメイト”の座は
わずか半年ほどで終了してしまいました。


皮肉なことに、イチローがヤンキース移籍後
最初の対戦相手がマリナーズ。

大好きなイチローが、
先日までチームメイトだったイチローが
相手チームのユニフォームを着てプレーしている。


川崎選手の気持ちを考えると、
かわいそうですね。

もちろん、プロの選手ですから
そんな感情だけでチームを決めるべきではありません。
でも、川崎選手の場合は別のような気がします。

川崎選手にとって、イチローという存在が
自分の能力を100%以上発揮できる条件だったように
感じます。

でも、なかなか近づけないから
憧れの存在といえるのかもしれませんね。


川崎選手、がんばって!

>>イチロー電撃移籍の理由はこちら




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。