So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

西ナイル熱 アメリカ [ニュース]

西ナイル熱がアメリカで猛威を振るっています。

アメリカ疾病対策センター(CDC)の発表によると
アメリカ国内で今年に入ってから26人が
西ナイル熱で死亡したそうです。


8月第2週までの全米の西ナイル熱ウイルス感染件数は693件で、
1999年に米国で同ウイルスが確認されて以来、最多となっています。


南部テキサス州が全体の約半数の336件を占め、死者は14人に達しました。


西ナイル熱は、ウエストナイル熱とも呼ばれています。
ウエストナイルウィルスによる感染症のひとつです。


ウエストナイルウィルスの感染経路は、蚊です。
そう、あのプ~ンと、うっとおしい“蚊”。

ウエストナイルウィルスは、鳥の中で増幅します。
その鳥の血を吸った蚊が、人を刺すことで
感染します。


アメリカで感染確認された鳥類はなんと
220種類以上に及びます。
その中には、普段よく見かける
カラスやスズメも含まれています。

このウエストナイルウィルス
感染者のうち発症するのは20%で
80%は発症しません。

さらにその発症者のうちの
3~3.5%が西ナイル脳炎(ウエストナイル脳炎)を
引き起こしてしまいます。
西ナイル脳炎(ウエストナイル脳炎)は、死に至ることもある
恐ろしい感染症のひとつです。


西ナイル脳炎、脳炎?
ときいて、「日本脳炎」を連想した人もいるかもしれませんが
それは、間違いではありません。

ウエストナイルウィルスは、
日本脳炎ウイルスと同じ
フラビウイルス科フラビウイルス属に
属するウイルスなのです。

西ナイル熱は、症状が出てからでは
特効薬はなく、対処療法が中心となります。
ワクチンも実用化されていません。

予防策としては、ウィルスを媒介する蚊を
駆除することが最優先ですが、
あまりにも生息範囲が広く
効果が期待できる殺虫剤の航空散布が
できない状況だそうです。

おそろしい病気ですね。
カラスやスズメがウィルスの増幅動物で
蚊が媒介するなんて、最強です。
一度蔓延してしまえば、拡大を阻止することは不可能でしょう。



ZIPPEI兄弟 急死 死因 [ニュース]

ZIP!」でおなじみの「ZIPPEI」兄弟が急死しました。
死因は、熱中症。
防げた事故なだけに、残念です。


「ZIP!」を見ていると、突然「ZPPEI」兄弟の写真
モニターに映し出され、
桝太一アナと関根麻里が
心痛な面持ちで、語り始めました。

「みなさんに、お伝えしなければならないことがあります」
「みなさんに愛されてきた“ZIPPEI”が、突然息を引き取りました」

えっ??? 何で?

と思う間もなく、淡々と説明がありました。


ZIPPEIは2頭いて兄弟でした。
ロケで全国を旅しているとき以外は
飼い主の方がいて、ZIPPEI兄弟はその方に飼われていました。

2頭とも飼い主の元に戻っていたZIPPEI兄弟は、
他の飼い犬とともに
飼い主と車で外出したそうです。
車に乗っていた犬は、ZIPPEI兄弟を含む9頭。


飼い主は、外出先でエアコンを点けた車内に
ZIPPEI兄弟を含む9頭の犬たちを残して
車を離れました。

そして、飼い主が車に戻ったときには
動いていたはずのエアコンが止まっていて
サウナ状態の車内で、9頭の犬が意識を失っていたそうです。

結局、ZIPPEI兄弟を含む7頭の犬たちが
犠牲になってしまいました。


淡々を続けながらも、声が震える桝太一アナ。
涙ぐんで、今にも泣き出しそうななるのを
必死に堪えている関根麻里さん。


昨今、今回のZIPPEI兄弟と同様の事故が
起こっていて、社会問題になっているのに
また悲しい事故が起きてしまいました。

9頭もの犬を飼っていた飼い主です。
犬をとてもかわいがっていたのでしょう。
今回の軽率な行動は、批判されることになるでしょうが
飼い主のショックも相当なものでしょう。

これは、防ぐことが出来る事故です。
こんな悲しい事故は、二度と起こしてはいけません。


ZIPPEI兄弟のHPはこちら


平清盛 視聴率 速報 [ニュース]

NHK大河ドラマ平清盛」の視聴率速報です。

歴代最低の7.8%を記録してしまいました。


ただ、今回は特別な理由がありました。
そう、ロンドン五輪です。

ちょうど、NHK大河ドラマ「平清盛」が
放送されていた同時刻に、
ロンドン五輪女子マラソンの生放送がありました。

オリンピックには、どんな番組も勝てませんからね。
仕方ありません。
まあ、元々低い視聴率でしたが・・・。

今回の大河ドラマは最初から、低視聴率に苦しんでいますね。
でも、確か民放でも4月からのドラマ
視聴率が低いために、途中で打ち切りになったドラマが
あったはずです。

ですから、今年度はドラマが受けない年度なのかもしれません。


NHKは元々、営利が目的ではありませんので
視聴率が良くても、悪くてもいいかもしれませんが
それは、会社としてのこと。

製作しているスタッフや、俳優の方達にとっては
つらいことでしょう。
「平清盛」ゆかりの地の方達も
一大ブレークを期待していただけに残念ですね。

NHKの大河ドラマは、非常に期間が長いドラマですので
ずっと見ている人は、これからも見るでしょうが
今まで見ていない人は、あまりにも見ていない期間が
長過ぎて、今さら見る気にはなかなか、なれないものです。

今後も、視聴率が良くなることはあまり期待できませんね。


デヴィ夫人 ブログ 削除 [ニュース]

デヴィ夫人が、自身の公式ブログのコメントが
削除され、憤っていました。

しかし、ブログ運営側の判断は
正しかったようです。

今度は、デヴィ夫人がブログが元で
提訴される可能性があるそうです。


問題のブログ記事のテーマは、
社会問題化した「大津いじめ事件」についてでした。

デヴィ夫人は、7月10日付けの記事で
「大津いじめ事件」を取り上げました。

「とんでもないのが母親」

と実名を挙げ、厳しく批判しました。

そして、そのいじめた側の同級生の母親として
ある女性の写真を掲載しました。


ところが、この写真の女性

全くの無関係の女性

だったと判明しました。


今回、デヴィ夫人への訴えを起こす女性です。


「大津いじめ事件」がネット上で爆発的に広まり
加害者本人やその家族の写真が
いたるところで、アップされていました。

その中には、全くの別人も含まれていたようです。

デヴィ夫人は、そのネット上の情報を鵜呑みにして
自身のブログで写真を公表してしまいました。

もちろん、誰がやっても過ちであることには
変わりありませんが、
有名芸能人であるデヴィ夫人です。
その影響力たるや、どこの誰かもわからない
匿名のサイト運営者の比ではありません。

デヴィ夫人の行動は、あまりに軽率であったと
言うほかありません。


「大津いじめ事件」が社会問題化してから
ある新聞記事をみつけました。

その記事には、今回のデヴィ夫人同様
無関係の方が、“いじめ加害者の親類”とうわさが
広まってしまい、連日抗議の電話が鳴り止まず
困っている。という内容でした。

記事の最後に、編集者の意見が書かれていました。

いじめ事件に関して、正当な抗議をしているつもりかもしれないが
個人に対して、大勢で攻撃する行為は「いじめ」そのものではないか。
まして、いい加減な情報で無関係の人を攻撃するなど
あってはならない。

という意見でした。


デヴィ夫人はブログで、提訴に関して
ブログを誤認されている、としていいがかり扱いをしています。

写真は、加害者の父親を掲載したものであり
そのとなりの女性が加害者の母親だとは
一言も言っていない。

という説明でした。

しかし実際、そう受け取られても仕方がない
記事の上、写真を掲載した責任は逃れられません。


橋下徹 激太り [ニュース]

橋下徹大阪市長の激太りが話題になっていますが
その橋下徹大阪市長に女性問題発覚です。

高級クラブのホステスさんと交際していたそうで
もちろん、橋下徹大阪市長には妻子があります。

橋下徹氏もちょっと敵を作りすぎましたね。
小泉元首相以来の“強い首相”第一候補だっただけに残念です。


人気テレビ番組にやり手弁護士として
出演していた頃の橋下徹氏は、面白くて
とても人気がありました。

その人気で、政界に乗り込んだわけですが
あまりの暴れっぷりに、とうとうスキャンダル
潰されてしまいました。

あんなに、毎回のように会見では
記者に対して、怒鳴っていました。
もちろん、橋下氏を怒鳴られせようと
ワザと怒らせる質問をする記者にも問題はあります。

でも、口が達者な上に
ガミガミ吼えていたら誰もついていけません。

今回の女性問題報道に対して
橋下氏は、女性との交際を認めているそうです。

これで、まず首相になることは出来ないでしょう。
場合によっては、今の地位すら守れないかもしれません。

「出る杭」は打たれますね。
う~ん残念です。

犬税 金額 [ニュース]

犬税の金額ってどのくらいなんでしょう?

大阪府泉佐野市が「犬税」の導入を検討していることが
明らかになり、話題を集めています。


泉佐野市の見解によると、
放置された「ふん」被害がなくならないため

「犬税」を導入し、
「ふん」の清掃や巡回の人件費に充てるということです。


このニュースを見たときの
正直な感想は、「?」でした。

「ふん」の放置がなくならないので
処理するための人件費を捻出するということですが

受け取り様によっては
税金を納めているから、
「ふん」に始末は、市役所の業務
となりかねません。

そもそも、飼い犬の「ふん」の始末も出来ない
飼い主がきちんと「犬税」を納めるとは思えません。

元々、飼い犬の「ふん」の後始末を行ってきた人にとっては
マナーの悪い飼い主のために、余分な税金を納めることになってしまします。

結局は、モラルの問題なんでしょう。


今回、話題になった「犬税」ですが
調べてみると、外国では導入している国は多く
実は、日本でも昔は多くの自治体で導入されていたそうです。

昭和30年には、2686もの自治体で実施されていた
「犬税」ですが、徐々に減少し昭和57年3月末に
長野県四賀村が条例を廃止したのを最後に
長年、実施する自治体はありませんでした。

廃止直前の「犬税」の金額は、
当時、1匹あたり300円。
約500匹を対象に、約15万円の税収だったそうです。

廃止の理由は、徴収業務に手間がかかりすぎて
効率が悪かったため。


大阪府泉佐野市は、早ければ2年後にも条例を制定する方針
ということですが、そう簡単に受け入れられそうもありませんね。



ヒッグス粒子 わかりやすい [ニュース]

ヒッグス粒子のわかりやすい解説を探してみました。


ヒッグス粒子とは

・万物に重さ(質量)を与えるとされ、「神の粒子」ともいわれる
・素粒子物理学の基礎となる「標準理論」の中で唯一見つかっていなかった素粒子
・物質の最小単位である素粒子
・宇宙の初期の状態においてはすべての素粒子は自由に動きまわることができ、
質量がなかったが、自発的対称性の破れが生じて真空に相転移が起こり、
真空にヒッグス場の真空期待値が生じることによってほとんどの素粒子がそれに当たって抵抗を受けることになったとする。これが素粒子の動きにくさ、すなわち質量となる・・・・・・・・・・

難しい、ぜんぜん分かりません。


どれもこれも、難しい解説ばかりでしたが
分かったことは、

宇宙創造の手がかりになるかも、ということです。


ビッグバンが起こり宇宙誕生直後は、
粒子には、抵抗がなくすべてが光速で移動していました

しかし、宇宙にはヒッグス粒子充満していき
そのヒッグス粒子が高速で移動していた粒子の抵抗となり
光速より遅くなることで質量が生まれました。

この質量=重さということです。

ヒッグス粒子に関しては、半世紀も前に
その存在の可能性が高いことが発見され
以来、世界中の科学者が探していたそうです。

今回は、その存在をとうとう99.9999%以上の確率で
証明できたということらしいです。


話題になっていましたので、
調べてみましたが、聞いたこともない難しい言葉ばかり
出てきて参りました。

調べてみても、そんなにもすごい発見だということが
イマイチ、ピンときません。

難しいことを研究されている方は
世界中にたくさんいるんですね。

福島原発4号機燃料プール冷却装置が停止 [ニュース]

福島原発4号機燃料プール冷却装置が停止した
とのニュースがありました。


東京電力福島第1原発4号機の
燃料貯蔵プールの冷却装置が
6月30日午前6時25分ごろに自動停止しました。

停止時の水温は33・3度。
10度近く上昇していました。

この4号機プールでは、6月のはじめにも
循環水ポンプの故障で冷却が停止して
水温が42度まで上がるトラブルがあったばかりです。


今回の冷却装置のトラブルに対して
東電のあまりのもお粗末な回答がありました。

・主電源と冷却装置をつなぎ、非常時に電力を供給する
 無停電電源装置(UPS)が故障した。

・冷却装置の電源は、2系統あり、予備系統の装置を起動させて
 冷却を再開させようとしたが、
 2系統とも同じUPSを使用していたため再開できなかった。

おいおい、ちょっと待ってよ。

何かトラブルがあったときのために
「2系統」にしているんじゃないの?

つまり、「もしも」のときの予備電源っていうことでしょ?

なのに、「2系統」とも同じ電源装置を使っているなんて
それじゃあ、元の電源装置が故障したら
両方とも使えなくなるのは、分かりきったこと。

・放射性物質を含む水の漏洩はない。

・冷却できない状態が続いた場合、
 保安規定上の管理温度の上限の65度に達するまで、
 約60時間かかる

と、東電から発表がありましたが
こんなお粗末なシステムを作る会社のいうことなど
どこまで信用できるでしょう。

津波で、当てにしていた予備電源が使えず
手が付けられない状態にまで、
原発を暴走させた、反省はどこに活かされたのでしょう。


原発再開に反対し、道路を埋め尽くした
あの抗議をみて、せめて出来る限りの努力をしようとは
考えないのでしょうか。
ニュース ブログトップ
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。